介護保険事業に関する請求書ソフト

介護保険事業において収入は主に介護報酬に基づくものとなります。



このとき、介護保険制度では利用者の自己負担として原則1割ないしは2割を徴収する仕組みです。
一方で残りの9割ないしは8割は、その利用者の属する保険者すなわち市町村へと請求を行います。


この請求に関しては二段構えになる仕組みです。



個人の利用負担分と保険者負担分ですが、請求書ソフトも一般的に分かれています。
保険者たる市町村への請求書ソフトは国民健康保険団体連合会から使用を求められるもので、かつては紙での請求も行われていましたが、煩雑なために今では原則電算上でのやりとりとなってきています。
国保連でのシステムに対応出来るものでなければならない以上、請求書ソフトはほぼ選べません。

YOMIURI ONLINEを利用するなら此方のサイトです。

一方で個人利用者向けの請求書ソフトは、様々なものが存在するのが実情です。

大手企業が開発したものもあれば、その地域で広く使用されているものなどいろいろというものです。

介護保険制度では利用者の自己負担分は必ず徴収をしなければいけません。もし徴収を故意にしなかった場合には重大な違反行為として事業所指定の取り消しもあり得ます。
したがって、いくら面倒でも電算での管理が必須となってきます。

請求に関することが電算上でやりとり出来なければ、人手で全てを行うこととなり、領収書の発行等も個別に人手で行わなければならなくなります。
非効率ですので、一般的には電算での処理を行えるように、システムの導入を行うのが通例となっています。

top